CHI勉強会

2017/06/25 CHI勉強会2017に参加しました.

sigchi.jp

 

発表者としては初めて,参加自体は2回目です.
私は研究室の先輩と"Sound of Music"セッションを担当しました.私が読んだ論文は以下2本です.

Holographic Whisper: Rendering Audible Sound Spots in Three-dimensional Space by Focusing Ultrasonic Waves
http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3025453.3025989
日本語まとめ・スライド http://study.hci.one/event/chi2017/summary/check/966

EnseWing: Creating an Instrumental Ensemble Playing Experience for Children with Limited Music Training
http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3025453.3025583
日本語まとめ・スライド http://study.hci.one/event/chi2017/summary/check/967

 

 スライド提出〆切の1週間前までに両方とも読んでいたので,スライドは比較的スムーズに作れました.セッション内のスライド統合は先輩にしていただきましたありがとうございます…!

 

プレゼン時間が1論文30秒と短いので原稿を考えていたのですが,練習ができず不安だったのでカンペをその場で作成.

f:id:knsgvcl:20170627133244j:plain

発表もこれを見ながら話していたところ,2本目の「高さ→音量」が,手の高さなのか音の高さなのか分からなくなって動揺してしまったのが心残りです.

 

他に思ったこと箇条書き
・あとで読む機能がとても便利(とりあえず後でもう一度日本語まとめ読もうって論文にもチェック付けてました)
・論文変わったタイミングでタイマーをリセットしてもらえるともっと分かりやすかった?
・新しいヤフーのオフィス綺麗だった

終わってしばらくしてTwitterを眺めていたら,私の発表したスライドを写したツイートが,著者の先生本人からリツイートで回ってきました…!ちゃんと意図が伝わるスライドになっていたかひやひやしています…

インタラクション & HCI

3/2~4:インタラクション2017
3/6~7:HCI172

自分の研究の発表はしなかったけど両方ともフルで参加しました.

 

インタラクション2017

  • 会場に慣れてるとめちゃくちゃラク,交通費気にしなくて済むのありがたい,少ない荷物で回れた
  • デモ回りきれなくて駆け足で移動した(それでも間に合わなかった)
  • 前の人の議論が終わらなくて見るの諦めたデモがちらほら
  • 高校の友人に会った(時間足りなくてデモ見られなかった)
  • 1番気になってた登壇が時間の都合で聞けなかった(丸1日予定空けておけばよかった)
  • Women's Luncheon行ってよかったけど行くなら最後までいたかった(時間もっと欲しい)
  • 初めて自分以外の研究のデモ説明員した
  • 人の研究を紹介するのは難しい
  • スムーズに動くデモがあると楽しい
  • 知ってる人の研究がいい評価受けると嬉しい
  • 新B1が一般公開の日に何人かいてすごいと思った

先輩のデモの説明のお手伝いをしました.

今までは自分の研究の説明しかしてこなかったので,自分以外の研究の説明がちゃんとできるのか不安でした.が,事前に説明するポイントやデモの仕方を聞いて疑問点を解決しておけたので比較的スムーズにできました.また,分かりやすいデモができる研究だったので説明はしやすかったと思います.

ただ,質問された時の対応は難しかったです.想定してなかった質問をされて勝手に答えていいものなのかとか,間違ったことを答えていないかとか終始不安でした.あと見に行きたいデモが多くてあまりブースにいなくてすみませんでした…

 

HCI172

  • 道に迷った
  • 予想以上に会場小さかった
  • 受付の手伝いした
  • 参加料の区分が難しかった
  • ジュニア会員だからHCI会員じゃないけど参加費は無料だった(この時まで知らなかった)
  • 初めて登壇に対して質問した

HCI研究会に行ったのは初めてでしたが,全体的に面白かったと思います.

また,登壇発表に対して初めて質疑に参加しました.と言っても,インタラクションのデモで気になっていたものの,時間が足りず質問できなかったことについてでした.本当はやはりデモ中に議論できればよかったのですが,全く聞かないままよりはよかったかなと思ってます.

デモやポスターで質問するのと登壇で質問するのだと緊張度や議論に割ける時間が変わるなと改めて感じました.ふと思ったことを適当に質問できないと勝手に思ってしまいますね…積極的に質問していきたいし,そのためにも意識しながら発表を聞きたいです.

 

両方ともいい経験になりました.

今度参加するときは発表する側になりたいです…!

咳止め薬で音が下がって聞こえた話(雑談)

1/23あたりから咳や痰が1週間ほど続いてて,さすがに治さないとまずいなと思ったので1/30に2種類の薬をもらいました.咳止めと痰止めを3日分ずつです.

(もらった時点で症状のピークは過ぎてたものの)薬がなくなる頃には咳も痰もおさまりました.

 

薬を飲み始めた次の日,ふと気になることが

 友人にも聞きましたがいつもと変わらないとのこと.なんでだ…と思って調べたところ,処方された咳止め薬が原因だったようです.サークルがない時期でまだよかった…

半音下がって音が聞こえる?咳止め薬『フラベリック錠』の副作用 | 健康の情報・体験談はカラダノート

 

学校のエレベーターが特に違和感でした.実際に記憶を頼りにピッチシフトさせてみました.

f:id:knsgvcl:20170212174911p:plain

高い音が普通に聞こえる=下がって聞こえる ということです.

本当に半音下がってる!!!って感じでした.

 

せっかくなのでいろいろ聞いてみました.

低く聞こえたもの

 ・エレベーター(到着音,アナウンス等)

・自宅の電子レンジ(扉を開ける音,ピーという音等)

・キーボード(楽器)(低い気がする程度)

3Dプリンタのモータ音

・弦楽やクラシックギターの合奏曲(普段よく聴いてる)

・電車(音が劣化してる感じ)

変わらなかった(気にならなかった)もの

・人の話し声

・J-POP(女声も男声も,普段そんなに聴かない)

曲によるもの

吹奏楽

栗コーダーカルテット

 

毎日聞いている機械音が結構変わった感じでした.

クラシックギターに関しては調弦狂ってるなーという感じ.通常再生で高めだった音が普通に聞こえました(笑)

吹奏楽はサックスが全体的に低めに聞こえました.演奏したことはないですが宝島は全体的に低かった?あと中学のコンクールで吹いたバッカナールは楽器の音量バランスが変わったような印象を受けました.(これは注意して聴く楽器による?)

栗コーダーカルテットはおなじみのピタゴラスイッチはどの曲もあまり気にならなくて,マヨネーズ第二番は気持ち悪い低さでした.栗コーダーカルテット結構好きです.

 

本当は2/2の朝で薬がなくなる予定だったんですが,2/1夜に飲み忘れました.翌朝起きて念のためエレベーターの録音したものを聴いたらもとに戻ってました.

 

そのあとの服薬時間だけメモしてみました.(遅い)

10:13 服薬
10:53 変化なし
13:03 低く聞こえる
14:15 服薬
18:20 元の高さに戻っている

戻る時期には個人差があるそうで,人によっては何日も続いてしまうのだとか.そう考えると私は割とすぐ戻ってます.

11~13時頃も記録すべきだったんですが,洗濯機故障というトラブルに巻き込まれてできませんでした.どのくらいで効き始めたのか気になる…

 

記録や記憶に残っているのはこのくらいです.

発表関係ないですが印象に残った出来事でした.

2016年振り返り

別に発表会とかあったわけじゃないけど2016年が終わる前に.

 

今年は初めてのことがたくさんあった年でした.

初めて学会で発表したのも実は今年だったとか信じられないです.年度違うから昨年かと思ってた…

 

昨年の今頃は紅白を見ながら全国大会の原稿書いてましたね~懐かしい笑

今年はのんびりと年の瀬を過ごしていますが,何かやらなきゃいけないことがあるんじゃないかという漠然とした焦りもあります.

 

来年も学会出られる機会があるといいなと思っています.好きなことを研究に結びつけて成功した例が少ないという話を最近ちらっと聞いてとても不安はありますが,たくさんアンテナを張って興味あるものを増やしていきたいです.

 

そしていよいよ4年生になるので,4年間の集大成という意味でも,研究に実装に励みたいです…!

来年の今頃はどんな気持ちで年越しするんだろう,卒論ちゃんと書けてるかな,ぎりぎりに慌ててないといいな,進路決まってるといいな…

2017年が充実した年になりますように.

定期演奏会

2016/12/02

サークルの定期演奏会がありました@府中の森芸術劇場ウィーンホール

会場とても綺麗だった…初めて生でパイプオルガン見ました!

 

11/19の先生を招いての指導があった日,めちゃくちゃ3ソロ弾けなくて落ち込んだのですが,それをバネに残りの練習に取り組めたんじゃないかなと思います.

 

今回も会場でのリハの方が自分の中ではいい演奏できたような気がします.あと,いつもと違ってリハ終わっても緊張してないことに逆に動揺しました.

本番で舞台に上がったらさすがに緊張したらしく,1曲目が始まって左手見たら手汗かいてました(笑)

 

1stステージは前期と同じ曲順で,3曲目が3ソロでした.

最初のソロが一番苦手で,本番も完璧な演奏はできませんでした.他の部分は,「歌いきる」という自分の中の目標も考慮して8割位の演奏だったかなあと思います.

正直,悔いが残らなかったと言えば間違いなく嘘だし,もし機会があるならリベンジしたいと思う気持ちも0ではないです.でもそれよりも,完全に止まることも暴走することもなく3ソロを終えられたことにホッとした気持ちの方が大きいです.

 

他の曲の細かいところがきちんと弾けなかったのはさすがに妥協しすぎたなと反省してます.

ただ,1曲に対して約10ヶ月間,誰よりも熱意(というか愛?)を持って取り組むという貴重な体験ができたのでソリストやってよかったです.楽しかったです.

 

2年間のレギュラー生活が終わり,来年の夏ごろまで練習はしばらくお休みです.さみしい…

さっそく今週末には来年の卒業演奏の曲決めがあります.楽しい(と思える)曲やりたいですね!

ABPro2016

一昨年見に行って,昨年は演奏会とかぶって行けなくて,
今年こそはまた見に行くぞとか考えてたら発表する側になっていた(?)

 

午前の部で「暗号曲をつくろう」ってネタで発表しました.
(きちんとした名前つけてない)

f:id:knsgvcl:20160926103700p:plain

何かメッセージが込められた曲みたいなものが作れたら面白そうだなーと考えていたので実際にできて楽しかったです.

 

きちんと案が固まったのは2週間前くらい

念のため「暗号 曲」でググったらあっさり出てきて心折れそうでした.
バッハと五線譜の中の暗号: 月刊クラシック音楽探偵事務所

ただアルファベットの例ばかりなので日本語ならとか
あいうえお順より いろは順の方が音階らしさは出るかなとか考えました.

 

さっそく変換表の作成(手書き)

f:id:knsgvcl:20160926085402p:plain

ゐ・ゑ は省略.1拍におさめると16分音符大量発生しそうだったので2拍で1文字です.大小( っ など),゛゜は文字の前に付けます.ー(のばす音)は前の文字の母音で音を決めています.

 

とりあえずProcessingでひらがなの文章をABC記譜法に変換する関数を作成.
小節線・終始線・小節の改行のタイミングの判定に苦戦しました.

さてどうやって楽譜を表示するか,midiかwavで聴けないか…というところで,abcjsと呼ばれる私得なjsライブラリを見つけました.なのでjsに関数を移植.js久々でいちいちググりながらやりました.(発表前日)

 

表示に関しては,楽譜だけだとつまらないし,ABC記譜は曲っぽさが伝わらなさそうだったのでストトン表記を採用.先に作った関数をコピーして一部を書き換えました.

 

発表では想像以上に反応がいただけて嬉しかったです!

「意味わかんない感じが暗号っぽい」というこじつけですが,「す」とか,~しましょ「う」で終わる文章だとドで終わってちょっとだけスッキリします.

 

ちなみにのばす音も濁点も小文字も入っている「ぎたーあんさんぶるあみてぃ」はデバッグに最適な言葉でした(笑)
12/2(金)の定期演奏会ぜひ来てください.詳細はTwitter等で後々.

演奏会

2016/06/12

三鷹でサークルの演奏会してきました。

ソリスト一応やったし次回も同じ曲やるしまとめ

・リハが今までで一番うまく弾けた(なぜだ)
・本番1曲目から全然指が回らなくて絶望
・きれいにを意識したら想像以上に音が小さかったような?

 

「何でもいいから自分で目標を1つ決めて演奏会に臨もう」と昨年に引き続き言われました。

確か昨年は階段状のフレーズをミスしないとかにしてたような

今年は「自分のソロの曲を間違えてもいいから楽しんで弾く」という目標にしました。練習中に自分が「あ、楽しい」って思ってる時が調子よかったので。

本番では上記のこともあり楽しむ余裕はなかったです。ただただ指が動かなくて、いつもなら絶対ミスしないところでもつまづいて

 

12月にも同じ曲をやるのでもっと余裕が持てたらいいなと

そのためにもっと練習しなきゃなと

 

ただ7月は練習ないし9月~10月頭はほかの演奏会出る人たち向けの練習になるしどうなることやら…

 

リハ終わって早めの夕ご飯食べた後、ソリスト用の練習部屋で1人でぼーっと練習したのが個人的にすごく印象に残ってます。

ソロとはいえ基本的に1曲にソリスト3人いるので、特に本番が近くなってからは1人で練習することって実はそこまで多くなかった…?

なので1人で練習しながら、今日で一区切りなのか~とか考えたら少し寂しくなりました。

 

この3人がソリストやるならドロドロの短調より華やかとか元気な感じがいいって思ったのと、昨年の前期2ソロと後期3ソロが結構好き(たぶんシャープの多い調が好き)で、そういう感じの曲を提案しました。

(結局 後期3ソロの違う楽章だったというオチ)

自分の提案した曲ということもあり、この曲が本当に好きになったので、やらせてもらえて本当によかったです(まだ終わってない)

 

定演ではもっと楽しむ!