UIST勉強会

2018/03/03に,東工大で開催されたUIST勉強会に参加しました.

uistudy.tokyo

CHI勉強会には参加したことはありましたが,こちらは初参加でした.また,東工大を訪れたのは約6年半(高1)ぶりだったようです.

 

今回読んだ論文は以下のものです.
You as a Puppet: Evaluation of Telepresence User Interface for Puppetry
https://dl.acm.org/citation.cfm?id=3126594.3126608

 

UIST勉強会は,論文1本あたりスライド2枚,発表時間2分と,CHI勉強会に比べてかなり余裕のある配分でした.今回読んだ論文は詳しい分野でなかったため,詳細な説明を加えるのが難しかったように感じました.

ゼミでの論文紹介(スライド枚数制限なし,3分)では,ついだらだらと説明してしまうことが多いので,スライド枚数を絞って要点をまとめる訓練をもっとしていきたいと思いました.

2017年振り返り

今年も残すところあとわずかとなりました.

ということで今年の振り返り(というか反省)します.長文なので暇な方だけ読んでいただければ.

 

入試と卒論

7月に大学院入試,12月に卒論提出がありました.
正直どちらも苦しかったです.
授業がゼミ以外なくなった分もっと取り組めたんじゃないかなあと今更ですが思ってしまいます.
自分の研究に自信が持てなかったり,うまくいかないことに必要以上に焦って余計手がつかなくなったりしました.(特に10~12月は)たくさん泣きました.その都度ご心配おかけしてすみませんでした.
周りの方々に余計な心配や迷惑をかけないように,自信や信念を持って研究に励みたいです.

入試前に他研究室と合同でプレゼン練習したこと,何人かで一緒に卒論を提出しに行ったことはいい思い出です.

 

研究室の活動

家で作業したくない人間なので,極力研究室に行くように心がけていました.
とはいえ午前中はほぼ行けず,研究室にいる時に集中できないことも多かったです.
来年以降は使える部屋も増えると思うので,設備を最大限活用していきたいです.

昨年より他の人の原稿を読んで少しでもコメントしようと意識しました.細かい指摘しか出来なかったので,もっと本質につっこんだアドバイスが出来るようになりたいです.

ゼミ長らしいことほとんど出来なかったです.

ABProで作ったものがDPZに取り上げられて嬉しかったです!

 

体調とPCの調子

どちらも調子を崩しがちでした.
よく「卒論の時期は風邪もひくしPCの調子も悪くなる」と言いますが,あれは本当でした,侮ってました.何なら研究室のプリンタにも一瞬嫌われました.

特に,ABProのあと,内部の発表会が近いにも関わらず1週間ほど寝込んだのはしんどかったです.

どうやらあらゆる不調の原因に水分不足が関係しているようなので気を付けます.あと生活リズムをもう少し朝型に戻したいです.

 

2017年も大変お世話になりました.
来年もどうぞよろしくお願い致します.

 

定演2017

2017/12/1 @三鷹市芸術文化センター

4年目,最後の定期演奏会でした.

 

細かいところの個人的な反省はさておき,卒業演奏めっちゃ楽しかったです.

 

卒演で演奏した4曲は全部大好きになりました.その中から特に2曲

戦場のメリークリスマス は高校の時にも弦楽合奏で弾いたんですが,遥かに曲の雰囲気を感じ取ることができるようになっててびっくりしました.

遠く遠く は幼い頃から聴いてましたが,故郷を離れてから改めて歌詞を眺めると曲に対する思い入れ変わりますね.いちばん思いを込めて演奏できた曲です.

 

昨年まではプレッシャーとか緊張が強くて気持ちを込めた演奏はそんなにできませんでした.今年は逆で,細かい技術そっちのけで気持ちで演奏していた感じがします.

 

本当に最後の方で,隣から鼻すする音が聞こえてもらい泣きしそうになりました.舞台に立っている間はなんとか堪えました.控え室に戻る直前からしばらく若干泣きました.

 

昨年までステマネさんのお手伝いをしつつ舞台袖から演奏を聴くのが結構好きでした.今年は,レギュラーのソロ曲だけ舞台袖で聴くことができました.

3ソロは今年の関ギ連を聴きに行ったことを思い出し,2ソロと勝負曲は2年前のことを思い出して少し泣きそうになりました.勝負曲は本当に好きな曲だったのでちゃんと聴けて嬉しかったです.

 

ギター以外も含めて,おそらく全学生生活最後の演奏会だと思うと感慨深いです.いい演奏で楽しく締めくくることができてよかったです.ありがとうございました!

 

ABPro2017

2017/09/16
ABPro 2017で「曲名知恵袋」という内容で発表してきました.

 

「あの曲なんだっけ…?」という時,最近はSoundHound歌っちゃお検索といった便利なアプリが出ていますが,歌うのはちょっと…とか音の高さ分からなくて弾けない…という人もいますよね.

 

そういう時にYahoo! 知恵袋で検索すると,すごい人がさらっと曲名を返してくれます.

corobuzz.com

私もこれがやりたかったので作りました.
(ちなみにネタが固まったのは2か月前くらいですが作り始めたのは4,5日前です)

 

完成版はこんな感じです.

f:id:knsgvcl:20170918200703p:plain

フレーズは数字で入力していきます.若干暗号っぽさがありますがMuseScoreのショートカットキーを参考にしています.

f:id:knsgvcl:20170918200733p:plain

質問はひらがなで入力していきます.「た」「ん」「ー」の他,「あ」「か」「ら」「り」「っ」は使えるので,「たかたかたんっ」とか「たらりら」とかも一応反応します.

f:id:knsgvcl:20170918201728p:plain

登録してある曲にヒットすると回答がつきます.この中からベストアンサーを選びます.

f:id:knsgvcl:20170918200818p:plain

f:id:knsgvcl:20170918200841p:plain

今年もなんとか発表できてよかったです.

他の方々の発表もどれも面白くて楽しかったです!

 

続きを読む

CHI勉強会

2017/06/25 CHI勉強会2017に参加しました.

sigchi.jp

 

発表者としては初めて,参加自体は2回目です.
私は研究室の先輩と"Sound of Music"セッションを担当しました.私が読んだ論文は以下2本です.

Holographic Whisper: Rendering Audible Sound Spots in Three-dimensional Space by Focusing Ultrasonic Waves
http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3025453.3025989
日本語まとめ・スライド http://study.hci.one/event/chi2017/summary/check/966

EnseWing: Creating an Instrumental Ensemble Playing Experience for Children with Limited Music Training
http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3025453.3025583
日本語まとめ・スライド http://study.hci.one/event/chi2017/summary/check/967

 

 スライド提出〆切の1週間前までに両方とも読んでいたので,スライドは比較的スムーズに作れました.セッション内のスライド統合は先輩にしていただきましたありがとうございます…!

 

プレゼン時間が1論文30秒と短いので原稿を考えていたのですが,練習ができず不安だったのでカンペをその場で作成.

f:id:knsgvcl:20170627133244j:plain

発表もこれを見ながら話していたところ,2本目の「高さ→音量」が,手の高さなのか音の高さなのか分からなくなって動揺してしまったのが心残りです.

 

他に思ったこと箇条書き
・あとで読む機能がとても便利(とりあえず後でもう一度日本語まとめ読もうって論文にもチェック付けてました)
・論文変わったタイミングでタイマーをリセットしてもらえるともっと分かりやすかった?
・新しいヤフーのオフィス綺麗だった

終わってしばらくしてTwitterを眺めていたら,私の発表したスライドを写したツイートが,著者の先生本人からリツイートで回ってきました…!ちゃんと意図が伝わるスライドになっていたかひやひやしています…

インタラクション & HCI

3/2~4:インタラクション2017
3/6~7:HCI172

自分の研究の発表はしなかったけど両方ともフルで参加しました.

 

インタラクション2017

  • 会場に慣れてるとめちゃくちゃラク,交通費気にしなくて済むのありがたい,少ない荷物で回れた
  • デモ回りきれなくて駆け足で移動した(それでも間に合わなかった)
  • 前の人の議論が終わらなくて見るの諦めたデモがちらほら
  • 高校の友人に会った(時間足りなくてデモ見られなかった)
  • 1番気になってた登壇が時間の都合で聞けなかった(丸1日予定空けておけばよかった)
  • Women's Luncheon行ってよかったけど行くなら最後までいたかった(時間もっと欲しい)
  • 初めて自分以外の研究のデモ説明員した
  • 人の研究を紹介するのは難しい
  • スムーズに動くデモがあると楽しい
  • 知ってる人の研究がいい評価受けると嬉しい
  • 新B1が一般公開の日に何人かいてすごいと思った

先輩のデモの説明のお手伝いをしました.

今までは自分の研究の説明しかしてこなかったので,自分以外の研究の説明がちゃんとできるのか不安でした.が,事前に説明するポイントやデモの仕方を聞いて疑問点を解決しておけたので比較的スムーズにできました.また,分かりやすいデモができる研究だったので説明はしやすかったと思います.

ただ,質問された時の対応は難しかったです.想定してなかった質問をされて勝手に答えていいものなのかとか,間違ったことを答えていないかとか終始不安でした.あと見に行きたいデモが多くてあまりブースにいなくてすみませんでした…

 

HCI172

  • 道に迷った
  • 予想以上に会場小さかった
  • 受付の手伝いした
  • 参加料の区分が難しかった
  • ジュニア会員だからHCI会員じゃないけど参加費は無料だった(この時まで知らなかった)
  • 初めて登壇に対して質問した

HCI研究会に行ったのは初めてでしたが,全体的に面白かったと思います.

また,登壇発表に対して初めて質疑に参加しました.と言っても,インタラクションのデモで気になっていたものの,時間が足りず質問できなかったことについてでした.本当はやはりデモ中に議論できればよかったのですが,全く聞かないままよりはよかったかなと思ってます.

デモやポスターで質問するのと登壇で質問するのだと緊張度や議論に割ける時間が変わるなと改めて感じました.ふと思ったことを適当に質問できないと勝手に思ってしまいますね…積極的に質問していきたいし,そのためにも意識しながら発表を聞きたいです.

 

両方ともいい経験になりました.

今度参加するときは発表する側になりたいです…!