ABPro2016

一昨年見に行って,昨年は演奏会とかぶって行けなくて,
今年こそはまた見に行くぞとか考えてたら発表する側になっていた(?)

 

午前の部で「暗号曲をつくろう」ってネタで発表しました.
(きちんとした名前つけてない)

f:id:knsgvcl:20160926103700p:plain

何かメッセージが込められた曲みたいなものが作れたら面白そうだなーと考えていたので実際にできて楽しかったです.

 

きちんと案が固まったのは2週間前くらい

念のため「暗号 曲」でググったらあっさり出てきて心折れそうでした.
バッハと五線譜の中の暗号: 月刊クラシック音楽探偵事務所

ただアルファベットの例ばかりなので日本語ならとか
あいうえお順より いろは順の方が音階らしさは出るかなとか考えました.

 

さっそく変換表の作成(手書き)

f:id:knsgvcl:20160926085402p:plain

ゐ・ゑ は省略.1拍におさめると16分音符大量発生しそうだったので2拍で1文字です.大小( っ など),゛゜は文字の前に付けます.ー(のばす音)は前の文字の母音で音を決めています.

 

とりあえずProcessingでひらがなの文章をABC記譜法に変換する関数を作成.
小節線・終始線・小節の改行のタイミングの判定に苦戦しました.

さてどうやって楽譜を表示するか,midiかwavで聴けないか…というところで,abcjsと呼ばれる私得なjsライブラリを見つけました.なのでjsに関数を移植.js久々でいちいちググりながらやりました.(発表前日)

 

表示に関しては,楽譜だけだとつまらないし,ABC記譜は曲っぽさが伝わらなさそうだったのでストトン表記を採用.先に作った関数をコピーして一部を書き換えました.

 

発表では想像以上に反応がいただけて嬉しかったです!

「意味わかんない感じが暗号っぽい」というこじつけですが,「す」とか,~しましょ「う」で終わる文章だとドで終わってちょっとだけスッキリします.

 

ちなみにのばす音も濁点も小文字も入っている「ぎたーあんさんぶるあみてぃ」はデバッグに最適な言葉でした(笑)
12/2(金)の定期演奏会ぜひ来てください.詳細はTwitter等で後々.